VOICE

09_整備職(メカニック)

name

渡辺 大樹

length of service

2015年入社

hobby

バイク

インタビュー動画を見る

仕事のやりがいを感じるのはどんな時?

それはやはりお客様からのお礼と感謝のお言葉ですね。車の不具合を解決し、お客様が満足してくださった時の「ありがとう」という声を聞くと、自分の仕事への自信とやりがい、そして充実感を感じます。
特にダイハツでは一人のサービスマンがお客様から直接お話しを聞き、診断や原因の分析、作業までを一貫して担当しますから、お客様の声をダイレクトに聞くことができるんです。「ありがとう」の喜びや満足感も、ダイハツだからこそ得ることのできるものだと実感しています。

サービスマンとして心がけていること、大切にしていることは?

車の故障を直すのが整備士の仕事ではなく、お客様が毎日使用するお車をつねに不具合のない良いコンディションに維持することこそが、私たちの仕事。いわばサービスマンは「クルマのお医者さん」としての役割を持っています。
病気やケガを治すことはもちろん重要なんですが、それ以上に大切なのは、大きなトラブルを起こすことのないよう、つねに細やかなケアとメンテナンスを行っておくこと。それがお客様に快適なカーライフを楽しんでもらうための、ダイハツのサービスマンとしての私の役割だと考えています。

職場環境について

店舗の雰囲気がいいのが特徴のダイハツ沼津は、スタッフ同士の仲も良くてとても働きやすい職場だというのが率直な感想です。誰かがわからないことがあった時や作業が大変な時にもいつもお互いに声をかけあって協力し、助け合いながら仕事をしているので、整備士ひとりひとりがチームとして機能している感覚があります。
若手のエンジニアが手に負えない作業を一人で抱えて途方に暮れてしまうというようなこともないので、本当に仕事がしやすいですね。

休日はどんなふうに過ごしていますか?

休日は定休日以外にも自分が希望した日に取得できるので、家族みんなの都合に合わせて一緒に過ごすのにぴったりです。それに大切な友人でもある職場の仲間と一緒に、わいわいと楽しく趣味のバイクでツーリングを楽しんだりもしています。
休日にしっかりとプライベートを楽しんでリフレッシュできますから、仕事の方にもいい影響が出ます。オンとオフの切り替えがキッチリできることも、ダイハツ沼津の働きやすさにつながっていますね。

就活生のみなさんへ一言

サービスマンは専門知識、専門技術を必要とする仕事であり、もちろん自分の判断や作業に対する責任も生まれますから、気楽に取り組めるものではありません。最初はできないことも多いでしょうし、つまづくこともあるでしょう。でもダイハツ沼津なら必ず周りの先輩や仲間が、あなたを助けてくれます。
いちばん大事なのは「一歩ずつ、少しずつでも成長していこう」というあなたの気持ちです。
成長のための時間はたっぷりあります。ぜひ私たちと一緒に、ダイハツ車のスペシャリストになりましょう。